MadameWatson
マダム・ワトソン My Style Bed room Wear Interior Others News
ウェブショップはこちらからどうぞ!
美しいテーブルウェア | 上質なベッドリネン&羽毛ふとん | インテリア、施工例 | スタイリッシュバス  | Y's for living


リサコラム


ウェブショップの「ホテルアメニティグッズ」の中に

 
のページを新設いたしました。


まだアイテムは少しですが、これから「もの」をご紹介する度に、毎回増やしてまいります。



2017年3月1日~31日

私自身の好きなもの、こと、ほんを
マダム・ワトソンをとおして、つれづれに語りたいと思います。木村リサコ

予告は変更の場合もございます。

写真、文章の無断転用はご遠慮くださいますようにお願い申し上げます。



No.0387
2017年3月25日(土)



No.0388
2017年3月26日(日)



こと
「硬いものの宣伝方法」


こと
「客観的サイズ」




No.0383
2017年3月21日(火)



No.0384
2017年3月22日(水)


No.0385
2017年3月23日(木)



No.0386
2017年3月24日(金)


こと
「Going My Way
ということ」

こと
「157年も
愛されるということ」
ほん
「建築のすべてが
わかる本」
もの
「サンダーソン夏の生地」


No.0379
2017年3月17日(金)



No.0380
2017年3月18日(土)


No.0381
2017年3月19日(日)



No.0382
2017年3月20日(月)



ほん
太宰治の辞書」

こと
「西部ガスの
グッドアイデア」
もの
「これはなに?」
こと
「春分の日の願いごと」


No.0375
2017年3月13日(月)



No.0376
2017年3月14日(火)

No.0377
2017年3月15日(水)
No.0378
2017年3月16日(木)

ほん
チーズ

もの
「モノトーンの鍋で」」
こと
「さくらまつり」
こと
「花のおかげの習慣」


No.0371
2017年3月9日(木)



No.0372
2017年3月10日(金)


No.0373
2017年3月11日(土)
No.0374
2017年3月12日(日)

ほん
「パスタベジターレ」



もの
「風景を作り出す
テーブルマット」


こと
「香りを伝えたい」


もの
「振り向かないで
欲しいくらい」


No.0367
2017年3月5日(日)


No.0368
2017年3月6日(月)
No.0369
2017年3月7日(火)
No.0370
2017年3月8日(水)

もの
「男性がシルクを着る
居場所」


もの
「旅行に行きたく
なったら
シルクのパジャマ」
もの
「ごみ箱と呼ばないで」
もの
「石けんのロングセラー
の理由を探る」


No.0363
2017年3月1日(水)


No.0364
2017年3月2日(木)

No.0365
2017年3月3日(金)

No.0366
2017年3月4日(土)

ほん
「『ニーチェの言葉』
を読む場所」


こと
「角を曲がる楽しみ」
こと
「見上げる楽しみ」
こと
「坂道の途中の
新築アパルトマン
いかがですか?」


リサコラム「もの、こと、ほん」バックナンバー集

2017年2月1日~28日




2017年1月1日~31日




2016年12月1日~31日



2016年11月1日~30日





2016年10月1日~31日




2016年9月1日~30日




2016年8月1日~31日




2016年7月1日~31日




2016年6月1日~30日




2016年5月1日~31日




2016年4月1日~30日




2016年3月1日~31日






No.0388

2017年3月26日(日)


もの

「客観サイズ」


インポートのセクシーな服の展示会に行きました。





スーヴニール、お土産をいただきました。
フランスーイタリア製の高級なストッキングです。
パッケージの印刷も凝っていて、高級感が漂っています。





そんなデザイン性のあるもの、商品を見ると、
何か盗むものはないかと隅から隅まで見てしまう習性があります。

フランス語、英語など4か国語で書かれているのは
よほど売れているということですが、
それより、
体形によるサイズ表示のリアルさです。





身長、体重の縦軸、横軸で重なった部分が
「はい、あなたの選ぶべきサイズですよ」ときちんと書かれています。

日本では特に下着のS,M,L,LLなどは微妙な部分で
実寸より、主観的サイズ、あるいは、希望的サイズで
購入する場合も少なからずあります。

日本ではありえない表示方法ですが、
それもお国柄ですね。


写真、文章の無断転用はご遠慮くださいますようにお願い申し上げます。


* PAGE TOP *


No.0387

2017年3月25日(土)


こと
「硬いものの宣伝方法」






中小、行政、企業、基盤、法人、整備、独立、機構

2文字熟語の角ばった文字が8個。
これは組みあわせるとあるひとつの団体の名称になります。
さて、どう組み合わせるのでしょうか?





行政だからトップに置いて
その下に画数の多い熟語を並べて、
その下にそれらより柔らかそうな熟語を並べてみるさらに
硬い印象になりそう....

さて、もうお分かりの方も多いことでしょう。





答えは、今話題の『独立行政法人中小企業基盤整備機構』
略して『中小機構』の正式名称でした。





右から読むと、なるほど、そう読めます。
流通新聞の広告欄で見つけた宣伝文句があまりに
面白くて、文字を打って印刷してカードにして並べてみたのです。





「読みにくい社名でも、企業の想いは読み取ります。」と
小さく書かれた一文に一行力がありますね。
長いなら、硬いなら、分割してみようという、
グッドな例ですね。

手ごわい仕事も分割すれば、シンプルに見えるという風にも
読めませんでしょうか?

ホームページをのぞいてみたら、もっと柔らかでした。


写真、文章の無断転用はご遠慮くださいますようにお願い申し上げます。


* PAGE TOP *



No.0386

2017年3月24日(金)

もの

「サンダーソンの夏の生地」


桜の開花を指折り数える季節となりました。
いかがお過ごしでしょうか?





暦の上では立派な春なのですが、
まだまだ朝晩は冷え込む日々が続きます。
しかし、私たちインテリアショップスタッフの仕事は春を通り越して
夏、そして次の秋、冬に向かいつつあります。





サンダーソンの夏の生地が届きました。
グレイッシュな麻、綿の天然素材にアイボリーで花の刺繍が施された生地は
うっとりするほど、素敵です。
これをテーブルクロスにするにはもったいないかな?
クッションとシェードだけではさらにもったいないような...と、
またあれこれと思いを巡らせてしまいます。





こちらは、シンプルにデフォルメされた草木の刺繍。
杢グレーの生地に小さな葉っぱの中がくりぬかれるように
カットワークされています。
繊細でそして上品です。
裏地をつけて夏のワンピースに仕立てれば、
きっとリゾート用のドレスになりそうです。素敵です。





色違いの白地に葉っぱのカットワークもあります。
カーテン、シェード、そして夏用のベッドスプレッドにも
きっとものすごく素敵でしょう。





美しい生地に囲まれる喜び、
迷う喜び、そして想像する喜びを満たしてくれる生地と
出会える喜び。

一つの生地からこんなにたくさんの喜びを
もらえるなんて、うれしい。


写真、文章の無断転用はご遠慮くださいますようにお願い申し上げます。


* PAGE TOP *



No.0385

2017年3月23日(木)

こと

「プロが教える建築のすべてがわかる本」


建築にご興味はございますか?
私どものお客様には、建築建築関係のお仕事に
従事なさっておいでの方が多いようですが、
プロレベルの情報満載で
しかし、決して硬くなく、とにかく楽しい建築のほんがこちらです。





”史上最強カラー図解”と書かれているように、
イラスト、写真、図解でとにかくわかりやすく
国内外の建物について、うんちく、裏話も含め
何度も読み返したくなるほんなのです。






横浜ランドマークタワーのできるまでを
じっと読んでいると、
きっと次から、その眺め方も変わることでしょう。





こちらは、スーパーストラクチャー構造で作られている東京都庁。
大変興味深い建物であることがわかります。
更地から完成までの空撮の写真と解説は実にすばらしいです。





今度はぜひ、外壁をじっくり見たいと思いました。
イタリアで加工した2色の花崗岩が使われているそうですから。





そして、
今では人々の注目もスカイツリーに奪われた感のある
東京タワーですが、11ページが割かれ、
その完成までの道のりをモノクロ写真で見ることができます。





まるで、NHKの番組ザ・プロフェッショナルのように
詳細な解説から、当時の苦労をしのぶことができます。





さらに、塔博士と言われる、この東京タワーを設計した
内藤多仲(たちゅう)氏についても紹介されています。
当時すでに70歳であられたとのこと。
単なる電波塔ではなく、観光名所になるような塔を
作ろうと思っておられたから、あのような美しいタワーになったそうです。
さらに、今でも、1年かかりで延べ8100人の手作業で
ペンキでの塗装の補修が行われているとのこと。





そして、一度は行ってみたいのが、長崎県の端島(はしま)です。
全長480mX巾160mの通称『軍艦島」。
1870年に開坑された海底炭坑の島です。
学校、スーパー、公園、映画館、旅館、寺社まであったそうです。

そこにある、今は廃墟となっている日本最古のRC造集合住宅は、
原宿の旧同潤会アパートより10年も先の1916年に当時の先端技術で
建築された高層アパートだそうです。
今から101年も前に鉄筋コンクリートの建物があったなんて
信じられない感じがします。
当時は6畳一間だけの住まいで、
超過密住空間だったそうです。





そして私たちの暮らしに密接に関係している
地震と、耐震、免震という知っておきたい構造についても
わかりやすく詳しく解説されています。





巨大建築から、左官工事の道具まで
建築のことを家族でも楽しく学べるほんで身近な人に
ウンチクを語ってみませんか?


カラーで241ページ+索引付き¥1,600!
『つくりから、しくみまで
プロが教える建築のすべてがわかる本』
東京大学生産技術研究所教授
川口健一監修 

写真、文章の無断転用はご遠慮くださいますようにお願い申し上げます。


* PAGE TOP *



No.0384

2017年3月22日(水)

こと

「157年も愛されるということ」


チューリップがそろそろ咲き出す頃、
生地やクロスのイギリスの老舗メーカー、サンダーソン社から頂いた
このペーパーバッグを使いたくなります。





単に手提げ袋、
されど手提げ袋。
その理由はと申しますと、
しっかりした紙でA3タテ型サイズ。
表裏には画面いっぱいに紫と赤と黄緑のチューリップが描かれ、





さらに、肩から掛けられるよう赤い太い紐がつけられています。
つまりショルダーバッグになるのです。





美しい、頑丈、便利、そしてセンスあるデザイン。
この4つがそろえば、
並み居る手提げ袋の中でも生き残れるはずです。
側面には”Very Sanderson 150Years of English Decoration
1860-2010"と、
金文字で書かれています。
2010年、2011年、2012年とサンダーソン社から
インテリアの賞を連続でいただいたので、
その大事な思い出でもある袋です。





サンダーソン社は、今年で157年も愛され続けています。
おそらく43年後の創立200年、2060年も
変わらず愛されていることでしょう。

ここまで愛される理由はこのおもてなしの心にあふれた
手提げ袋からも感じることができます。



写真、文章の無断転用はご遠慮くださいますようにお願い申し上げます。


* PAGE TOP *



No.0383

2017年3月21日(火)

こと

「Going My Wayということ」

ゴーイングマイウェイという言い方は
あまり好意的な気持ちがこもっていない時に
使う表現だと思います。





しかし、
それはかなり日本人ならではの発想なのではと
感じることもあります。

美しいクッションが重ねられた写真の表紙はELIRISという
Going My Wayなフランスのファブリックメーカーのカタログです。





それは見開きに
詩的にちゃんと宣言されています。





"FLY ME TO THE MO  N"の中の最後も文字は1文字ぬけています。
どう見ても、”O”が入って、
MOONとなるだろうと予測がつくのですが、
そのOは右上に羽が持って行っているのです。
すでに月に向かって飛んでいる様子です。
フランク・シナトラの ”Fly me to the moon."から
取られているようですが....





B5の半ページを使った
キャンドル2個を乗せただけの白い丸テーブルのディスプレイは何を意味するのか?
とかつい考えてしまいます。
それを許すトップがいるということですね。
しかし、つい先日、こんなデザインの白いテーブルを自宅用に
注文したばかりなので、
ちょっとうれしい気がしました。





しかし、最初から最後まで、
メタファーを貫く、デザインと、ディスプレイに
やはり脱帽します。





日本にこんなセンスをもつの企業はなかなかお目にかかれないような気がします。

しかし、
Going My Wayと宣言するからには、

一時の気まぐれではなく、
ここまで息が長く貫けなくてはだめですね。

ELITISには、フランス魂を感じます。


写真、文章の無断転用はご遠慮くださいますようにお願い申し上げます。


* PAGE TOP *



No.0380

2017年3月20日(月)

こと

「春分の日の願い事」


大事に育てているパンジーの鉢を窓越しに眺められるように、
窓際にテーブルを寄せました。





そして、
NHKのラジオ番組の『英語で読む村上春樹』聞きながら、
リサコラムのイラストと文章を作っていました。





「バースデイ・ガール」という小説の
ストーリーに関連した話題になった時、
アシスタント役の秀島史香(ふみか)さんが講師の辛島デイビッドさんに
尋ねました。

「デイビッドさんは願い事がかなったことがありますか?」
「う~ん、ないですね」

「わたしは、願い事がかないました。食べたいサンドウィッチが
食べられたから」と秀島さんは答えました。





「願い事のハードルを下げるってことですね」と
辛島デイビット先生は言いました。
「私の願いはくるぶしくらいまで。1ミリくらい上でいいんです」
というようなことを秀島さんは言ったのです。





たいそうな願い事をしながら、
かなえられず、人生を終わってしまうより、





毎日、願い事がかなったと喜びながら
その日を終えればいいのかと気づきました。

昼と夜が半分になる春分の日、
さて、どんな願い事をしますか?


写真、文章の無断転用はご遠慮くださいますようにお願い申し上げます。


* PAGE TOP *



No.0380

2017年3月19日(日)

もの

「これ、なあに?」


真っ白いオードリーのベッドルームソファの上に
何やら見慣れない白いものがあります。





ブレックファストピローのその手前です。
どうやアイボリーのリボンが
掛けられているようです。





近づいてみました。
直径5cm、高さ10cmほどの小ぶりな
円柱のクリアケースの中に、その白いものは入っていますが、
リボンが十字に掛けられているために、
よく見えません。





もっと近づいてみました。
サテンのパールホワイトのリボンの隙間から
白いレースのようなものが見えます。





「お色違いがございますよ」
どこからか声が聞こえました。
「これは?」
「はい。ガーターベルトです。ウエディングドレス用の」





「あ~、なるほど、だから、パールホワイトのリボンに包まれて
大事にラッピングされているのですね」


ご興味がございましたら、

レースのガーターベルト
ネイビー、ホワイト
当然ですが、片方だけのご使用でございます。

¥1,600(¥1,728)


写真、文章の無断転用はご遠慮くださいますようにお願い申し上げます。


* PAGE TOP *



No.0379

2017年3月18日(土)

こと

「西部ガスのグッドアイデア」


西部ガスからリーフレットが
ポスティングされていました。





なに?おトクな新ガス料金プランはじまる?
でもおトクと来れば、中を開かずにはいられません。
さらに、西部ガスさんからそんなオファーがくるなんて
めったにないことのような気がしたのです。





開いてみると、
ブルー、ブラン、ピンクの文字、グラフが並んでいます。
この配色に弱いのは私だけではきっとありませんよね。
トリコロール、フランス国旗の3色なのですから。





え~と、どれどれと読みます。
ヒナタメリットという新しい料金スタイルができたようです。
ざっくりいえば、使用料が多い方は
そのヒナタメリットに加入するとガス代がお安くなるようです。





さらに、
ヒナタメリットに加入すると、
「ガス機器かけつけサービス」月額324年がずっと無料?
ガス器具は故障した場合の出張料、技術料が無料....
そんな場合があるかどうかわかりませんが、
無料よりおトクなものはありませんから、
これはおトクのような気がします。





さらに、
水回りのトラブル、空き巣に入られたとかでしょうか?
ガラスが割れた、鍵が壊れた、それだけではありません。
医療、税務、法律の電話相談も2年間無料、ホントなのでしょうか?
なんといっても、
24時間365日電話受付OKだなんて、
これはすごすぎるサービスではありませんでしょうか?

そしてお得になるかどうかはまずはWEBでシュミレーションできるとのこと。
ガス会社さんのグッドアイデア、OH!面白そうです。

本日も西部ガスのヒナタメリットの勝手にスポークスマンでございました。



写真、文章の無断転用はご遠慮くださいますようにお願い申し上げます。


* PAGE TOP *



No.0378

2017年3月17日(金)

ほん

「太宰治の辞書」


読書家のMayumiさまから
レトロなハードカバーのほんをいただきました。
竹久夢二の女性を思わせる幼くも見える女性。
夢想するような目でバラの庭の中にいます。





「太宰治の辞書」?
一体どんなほんだろう?
ネット検索などせず、作者の経歴とカバーの絵から想像してみました。

北村薫さんは母校で教師をしながら「覆面作家」で
本を書いていた方。ミステリ作家でも、編集者でもあり、
小説だけでなく、いろんな切り口で本を書かれておられる方のようです。





カバーをはずしてみると、
さらに、シンプルで上品な装丁です。
白い表紙に黒い文字で『太宰治の辞書 北村薫』と書かれ、
それが二重線で囲まれています。
夜、ショップの電気が消された中で、
モリスのフルーツというクロスの前に立ててみました。
昭和20年代の戦中、戦後の動乱期の日本の様子が想像できました。





読んでみました。

私ごとですが、学生時代、シャーロックホームズにのめり込んで、
シャーロックホームズ・クラブにまで所属して、
関係する書籍をライブ(初版で即買い)で読んでいました頃の感覚が
蘇ってきました。
時代背景を唯一の実存とすれば、あとはすべて架空の出来事であるにも関わらず、
シャーロッキアンと呼ばれるびとたちは
その汲めども尽きぬ情熱により研究に駆り立てられるのです。
つまり、
それと同じ感覚で書かれたほんだと思いました。





例えば「女生徒」これはSさんという太宰の愛読者の日記が
下敷きになっています。それを太宰流にどうねつ造したのか?とかを
微細に作者のタッチで追っていったほんなのです。

そして、タイトルとなっている、太宰治が実際に使っていただろう「辞書」を探しあてるまでの
物語も、論文ではなく、作者の小説になっているのです。

私見ですが、このほんは
ある人種の必然の業が生み出したほんだと思います。

ある人種とは「究極のダザイスト」です。


タイトルも、内容も全部がなぞかけなのです。
Mauyumi様ご推薦のほんはいつもなぞなぞで面白いです。

北川薫著
『太宰治の辞書』

又吉直樹さんも出てくる、2015年3月出版の
実は、レトロではないほんです。

写真、文章の無断転用はご遠慮くださいますようにお願い申し上げます。


* PAGE TOP *



No.0377

2017年3月16日(木)

こと

「花のおかげの習慣」



ベランダの植木鉢のパンジーとビオラがここ2週間で
たくさん花を咲かせました。





素人のわたしがランダムに植えたものですが、
紫、黄色、赤紫、薄紫の色とりどりは
私にはとてもきれいに見えます。





ベランダ掃除、窓ガラス掃除を欠かさないようになったのは、
大したガーデニングでもないのですが、
この花たちのおかげです。





といいうますのは、雨降りでなければ、毎日、花の水やりのついでに、
ベランダの床にも、窓ガラスにも室外機にも水をかけて
拭き掃除をするようになったからです。
平日は午後10時過ぎにやります。





休日のお天気のよい時は、
水しぶきがとても気持ちよいものですね。





サッシの溝にも水をかけて、ときどき歯ブラシで隅のほうを
こすり洗いするだけでぴかぴかにきれいになります。





水やりと窓を拭き上げても時間にして15分から20分弱。
こんな短時間でも習慣にしてくれた
お花ちゃんたちがとてもかわいいです。
次は何を植えようかと思案中です。



写真、文章の無断転用はご遠慮くださいますようにお願い申し上げます。


* PAGE TOP *



No.0376

2017年3月15日(水)

こと

「さくらまつり」


「マダム・ワトソンスタッフの皆さまへ、
本日はさくらまつりのご案内です。




「さくらまつり?
そんなのあったの?」とおっしゃっておられる
ワーカホリックの方、
目と鼻の先にこんなに美しい桜の名所がございますのですよ。





さくらまつりは
福岡城跡を中心に行われます。

その期間はいろんな場所でライトアップされ、それはそれは美しい夜桜を
眺めることができるのですから。
途中たくさんの休憩用の長椅子も用意され、
さらに、トイレも完備でございますから、
花見は盛り上がることでしょう。





しかも福岡市の市長さん直々のお誘いでございますから、
ぜひ、この機会をお見逃しなく
ご参加くださいますように。
同時開催の「おおほりまつり」では、武者行列も見られるようです。

さらに、博多駅から天神・大濠公園にかけて約7万本のチューリップが
お出迎えしてくれるとのこと。






3月25日(土)から4月3日(月)までの
期間限定のご案内でございます。
この時期は、マダム・ワトソンは26周年で忙しい時期だとは思いますが、
これを毎年逃す手はございません。

ご遠方からお見えのお客様も、どうかお見逃しなく。

それでは、本日は勝手にスポークマンRisacoより
さくらまつりのお誘いでございました。


写真、文章の無断転用はご遠慮くださいますようにお願い申し上げます。


* PAGE TOP *



No.0375

2017年3月14日(火)

もの

「モノトーンの鍋で」



便利でかわいい。
そんな片手土鍋はお持ちでしょうか?





レンジOK、直火OKで、
冬は鍋焼き冷凍うどん、スープパスタ、スープ缶で作るクラムチャウダースープにと、





10分でできる簡単便利な片手鍋は
受験生をお持ちのご家庭では特に活躍します。

しかし、
温かくなると出番がめっきり減ってしまいます。
そこで、夏もかわいく使える方法を
ちょっと考えてみました。





A.カクテルナプキンボウル

お隣にLEDキャンドルを置けば、
いきなりコージーなコーナーの出来上がりです。
ホームパーティーでなくても、普段の食事が楽しくなりませんか?





Bバスルーム近辺で、バスグッズボウルとして。

ハンドタオルと香りの石けんを置いて
ディスプレイしながら収納なんてかわいいです。





どっしりして安定感もありますから、
重たいものも平気です。
タオルとバスソルト、ピローミストでも、
素敵な雰囲気ができます。





便利な土鍋と言えども、
もっともっと活躍の場はたくさんありそうです。
形のかわいさと融通力に惚れなおしました。


萬古焼
片手鍋
 KATATE NABE ホワイト、ブラウン
225X175X80mm 
内側に500ml のメモリつき。
¥3,000(¥3,240)
日本製
箱付きで贈り物にもなります。


詳しくは、下のウェブショップの「もの、こと、ほん」か「ギフトセレクション」で。



写真、文章の無断転用はご遠慮くださいますようにお願い申し上げます。


* PAGE TOP *



No.0374

2017年3月13日(月)

ほん

「チーズ」

副題に「チーズを知って本当のグルメ」
と書かれています。

もしも、これなくては生きていけないと思う食べ物と
聞かれたら、絶対に
野菜、チーズ、コーヒーと答えます。





子供の頃から大好きなものはほとんど変わらなものですね。





「食後のエレガンス」とタイトルが付けられた章から
はじまるチーズずくしのこのほんは
古書で、それもずいぶん前に買ったのに、
ずっと手元にあり、そしてたびたび開くほんです。





「ひとくちおつまみ」は粋で
簡単に作れそうで、おいしそうなものばかり。

プチトマトのモッツァレラチーズチーズ詰め。
キュウリのブルーチーズ詰め。
しいたけとベーコンとグリュイエールチーズのせ。
プロヴァローネ・チーズのワンタン揚げ。
簡単な説明書きでも作れそうなレシピです。






そして、一番好きなものはこのふたつです。
上のジャム入りカマンベールとジャンボ・オリーブのリコッタチーズ詰めフライ。
そして下はパイ生地の代わりに野菜を使った
野菜とチーズのミルフィーユ。
(注:未だ作ったことはありません)





ドーナツに見えるこれ、
エメンタールチーズ風味のシューです。

チーズの旅の途中のあるワインカーブで
テーブルにどっさり積まれたこのシューをワインとチーズと
一緒に味わった著者の思い出も添えられています。





チーズの種類、食べ方、ナイフの種類、そして歴史まで
余すことなくチーズを勉強させてもらったこのほんで
今もなお、楽しい勉強をしています。





学生時代、フランス語の学校で先生が
日本のお漬物に当たるものが、フランスではチーズだと教えられて、
だから、食後に食べるのだと、納得したことを
このほんを開くたびに思い出します。


別冊25ans
「エレガント・クック チーズ」

チーズをチーズを知って本当のグルメ


写真、文章の無断転用はご遠慮くださいますようにお願い申し上げます。


* PAGE TOP *



No.0373

2017年3月12日(日)

もの

「振り向かないで欲しいくらい」


「すてきな後ろ姿の女(ひと)を見つけました。





その女(ひと)は、ピンクのローブを羽織っていました。
ギャザーがたっぷり寄せられた襟のついたローブでした。





細いウエストに美しいヒップラインのその後ろ姿は
とても清楚でほれぼれするほどでした。





胸元にはきっともっとたくさんのギャザーが寄せられているのかなと
想像しました。





白いローブに着替えたとき、その女(ひと)は
まるで天使がローブをまとっているように見えたのです。

しかし、そこに強敵が現れました。
グレーのローブの女(ひと)です。





引き締まったウエストから長く垂れた
サテンのリボンの先まで妖艶だったのです。





襟の周りのシャンパンゴールドのパイピンも
なんとも大人のムードで、
後ろ姿でそのローブに魅了されたのです。

もうちょっと考えたいから、どうか、もう少しだけ、
振りむかないで」



ホテル・センチメンタルのパジャマ、
シャンパーニュ、ホワイト系3色、
そして、ジョルジュ・サンド、シシーのローズに合います。

『シンプル&ラグジュリーに暮らす』に掲載のローブの後継デザインです。

ミクロパイルのフリルローブ(M~L)¥12,000(¥12,960)
日本製

詳しくは、下のウェブショップの「もの、こと、ほん」か「ギフトセレクション」で。



写真、文章の無断転用はご遠慮くださいますようにお願い申し上げます。


* PAGE TOP *



No.0372

2017年3月11日(土)

こと

「香りを伝えたい」


先日、TEDのプレゼンテーションを見ていましたら、
特殊3Dメガネをかけて手に何かの装置を施せば、
仮想空間で触感も感じられることを
知りました。

しかし、香りや、触感を遠く離れた人に伝えるには、
「言葉」はさらに強いと信じています。





ヴェジタブルソープのプロヴァンスという名の石けんです。
これは、
甘酸っぱいレモンをレモン絞りでキュッと絞って、
それをたっぷり入れたレモンカスタード入りの
白いメレンゲパイを思い出します。
近所にある、昔ながらのその洋菓子店はそのレモンパイが看板商品で
白いメレンゲにかすかな砂糖の焦げ目がついて
その部分がカリカリして甘く、酸っぱく、しかし優しい味でした。
唾液腺が刺激されるような
そんな思い出が、この石けんで体を洗うとよみがえってくるのです。





そして、こちらはローズ。
バラの輪郭をかたどった刺繍のレースの上にそっと置いてみました。
ローズの香りは赤やピンクで表されることが多いのですが、
私はアイボリーに感じます。
朝露に濡れたバラがきっとプロヴァンスのバラの畑で
さらにいっそう香りを強くしているだろうそんな様子を
思い描かざるをえないなんて、なんて饒舌なローズでしょう!

そんなき~んと澄んでいて、冷たく、甘い、アイボリーなバラの香りです。





ラベンダーの香りも決して紫のイメージではないように思います。
どちらかというと青みの強いブルーグレー。
頭のてっぺんにキュッと刺激が走ります。

ほんとうは優しくて穏やかな気持ちを隠し持っている、
身も引き締まる怖い教育係の先生は、
こんな石けんで洗っているのではないかと思うのです。





そしてシーフェンネル。
潮風の汐っぱい風をたくさん浴びて鍛えられた花は
かえって塩気のない、清らかなミントのような芳香を放つものですね。
ブルーでもなく、グリーンでもなく、ホワイトでもない
力強さをそこに秘めたやさしさをもつ女性が好む
たおやかでへこたれない薄いブルーを帯びた甘い花の香り。
ハンカチをこの石けんで洗いたいような、
そんな香り。



詳しくは、
下のロゴよりウェブショップの「もの、こと、ほん」をクリックしてご覧くださいますように。




写真、文章の無断転用はご遠慮くださいますようにお願い申し上げます。


* PAGE TOP *




No.0371

2017年3月10日(金)

もの


「風景を作り出すテーブルマット」


テーブルリネン、カトラリー、グラス、食器、そしてテーブルフラワー
テーブルの風景は、リビングや寝室のインテリアより
遥かに簡単に作り出せます。





「濃紺のストライプのカーテンに
サファイヤブルーのレースカーテンなんてどうかな?
メタリックなテーブル、合うかな?」
とお悩みなら、
35X45cmの長方形のネイビーのストライプテーブルマットと
ブルーグラス、
ステンレスのカトラリー置きで代用して
シュミレーションすることもできます。





「やっぱり、濃紺のストライプは強すぎかな?
ベージュとアイボリーのストライプの方がいいかな?
それだと、サファイヤブルーのレースカーテンの方が
強くなりすぎるかな?」
でも、壁の絵には合うかも?
かえってインパクトでて、いいかもしれないし。





それならいっそのこと、リネン無地にした方が
もっとサファイヤブルーが前に出てきていいか...

私たちも
日々、いろんな小道具をヒントに、
イケてるコーディネートを探しています。





綿、麻混のテーブルマット3色
上から麻色のリネン無地、ベージュXアイボリーのストライプ
ネイビーXアイボリーのストライプ
 35X45cm 1枚 ¥900(¥972)
すごいのは裏も表も同じ生地の2枚合わせであること。
頑丈です。
そして、汚れていたら、さっとひっくり返すという裏技?もあります!





カトラリー置きは、几帳面にきちんと並べたい方のために、
日本製のA型仕様。

左から、フォーク、ナイフ、スプーン用に合わせた
切れ込みが入っています。

Made in Japan
¥1,550(¥1,674)

詳しくは、
下のロゴよりウェブショップの「もの、こと、ほん」をクリックしてご覧くださいますように。




写真、文章の無断転用はご遠慮くださいますようにお願い申し上げます。


* PAGE TOP *



No.0370

2017年3月9日(木)

ほん

「パスタベジターレ」


2004年初版。
なのに、いつ開いても
美味しそうな香りが漂ってくるから不思議です。





このほんを買った時、「そうか、野菜も一緒にゆでていいのだ。
それなら早い!と思いました。





以来、パスタの麺は、野菜をたくさん食べるための
つなぎのような感じでとらえるようになりました。





私自身は動物性のものとバター、生クリームは
食べないようにしています。
そのため、
レシピに出てくる場合は牛乳や豆乳で代用しています。

緑色のほうれん草とリコッタチーズのフェトチーネ、
オレンジ色の赤ピーマンペーストケッパー風味のフェトチーネ
どちらもとても美味です。





このほんの特徴は、どの料理にも、
パスタをあえる寸前のフライパンの状態が載っていることです。
わかりやすく、間違いなく、そして、やってみようという気になれます。





ベジタリアン用のほんではありませんが、
野菜パスタのバリエーションは豊富です。

イタリアンの有名店のシェフ直伝のパスタ料理を
一人掛けソファで、そして想像力で味わうのもいいものですね。


『パスタベジターレ』
アッラ・クチーナ・デルソーレ
伊崎裕之著


写真、文章の無断転用はご遠慮くださいますようにお願い申し上げます。


* PAGE TOP *



No.0370

2017年3月8日(水)

もの

「石けんのロングセラーの理由を探る」


フィレンツェで作られているデルべというブランドの石けんは
昔から変わらない製法、そしてパッケージのままでロングセラーです。


その理由を考えてみました。





1.ルネッサンス期に作られたハーブのレシピを基に作られている石けんである。
2.自然の香料、天然ハーブエキス配合で、どの香りもまちがいなくよい。
3.1個箱に入っているからギフトにもしやすく、
4.ローズ、ジャスミン、ラベンダーのような香りとはちょっと違う、
「忘れな草」などという石けんにないような香りがある。





5.さらに紙に包まれているから、
クリアなケースに入れて、見た目も楽しめます。





さらに、
ベッドリネンや下着の引き出しに忍ばせて
香りを移すこともできるのです。
引き出しを開けるたびに幸せな気持ちになれますね。





しかもなお、、
インテリアショップスタッフとしては、
最も難しい包み方、つまり、筒や球、円形を紙で包む包装の仕方に
その秘密を見つけるのです。

機械で折れるものかな?
もしかしてまだ人の手で折っているのかなと、
見るたびに思います。

1個1,850円の価値は、
その面倒な包装を未だに続けている人たちのもの(石けん)作りに掛ける
頑固な情熱が十分示しています


いえ、失礼、850円の間違いでした。
なんて、リーズナブルな石けんなのでしょう!


ウェブショップの「もの、こと、ほん」でも近日中に紹介させていただきます。



写真、文章の無断転用はご遠慮くださいますようにお願い申し上げます。


* PAGE TOP *




No.0369

2017年3月7日(火)

もの

「ごみ箱と呼ばないで」


「私たち、「インテリア雑貨」の端くれです。
でも、実はそれだけではないのです。





ああ、いきなり失礼いたしました。

私の名は『ミント』。
ブルーでもなくグリーンでもなく、
とてもパリぽい色ではないかしら?





フェイクレザー付きの取っ手。
しっかり止まる赤い留め金もあって、
ふただけ持ってもそのままでも持ち運べる
強さもあるのです。




仲間にはマスタードもいます。




片手でふたをとっても
ほら、ご覧の通り、ふたが落ちないようになっているのよ。
懐深く60リットル。
日本生まれの3年保証付きで、ガレージで車にぶつけられても、
すぐに元通りに戻る、 そんな
柔軟性も持ち合わせています。





彼女は「ミルク」
白いボディに赤い留め金が素敵でしょ!
スタイリングと色の美しさを見て欲しいです。
室内でも、キッチンでも十分にインテリアになれる自信あります。

それでは、私たち、忙しいものですから、
これで失礼いたします。

ああ、くれぐれも『ごみ箱』」なんて呼ばないで!」

***

分別できるペールボックスですが、収納力抜群で強靭なので、
ガーデニング用品、趣味のグッズ、おもちゃ、そのほか保留中のものまで
お部屋の片づけにもお役に立ちます。

日本製 本体:ポリエチレン
W35XD55.5XH62cm
¥4,500(\4,860)

ミント、マスタード、ミルクのお好きな3個セットで
¥13,500(14,580)⇒¥12,000(\12,960)

詳しくは、
下のロゴよりウェブショップの「もの、こと、ほん」をクリックしてご覧くださいますように。




写真、文章の無断転用はご遠慮くださいますようにお願い申し上げます。


* PAGE TOP *




No.0368

2017年3月6日(月)

もの

「旅に行きたくなったらシルクのパジャマ」


海外のホテルでは
日本のホテルのようにパジャマまで置いている場所は
めったにありません。





リゾートでは、羽織りものの類はあっても、
そもそも、パジャマを他人と共有するという
感覚は日本人ならではではないかと思います。





やはり、自分のパジャマを持ってゆきたいですね。
それなら、数枚あってもかさばらず、さらに、
非日常感を味わえるシルクがおすすめです。





私のパジャマクローゼットにはホテル・センチメンタルの
テイラーパジャマが各色およそ20数枚かかっておりますが、
これは日常用です。





シルクの特別感を高めるためにも、
旅行用=シルクあるいは休日用=シルクと決めておけば、
それは「もの」に対する素敵な接し方ではないかなと思うのです。
いかがでしょう。





上のイラストから、ウェブショップのギフトセレクション、パジャマのページへ飛びます。


写真、文章の無断転用はご遠慮くださいますようにお願い申し上げます。


* PAGE TOP *




No.0367

2017年3月5日(日)

もの

「男性がシルクを着る居場所」


10数年前ですが、
マダム・ワトソンのショップの中に面白い場所が
できたことがありました。

その名も「男の居場所」です。





女性のものばかりが多い中で
ご主人さまは居場所を失い、
駐車場で待機なさっておられる方が大変多かったからです。
男性のパジャマやグッズを集めた5.5畳ほどの部屋に
デスクを置き、当時はやっていましたアフタービートという名の
ブラインドをかけていました。
トップのスチール部分が木製で確か、ウインスキーかワイン樽から
作られたもののようでした。





”憧れの書斎”のような雰囲気だったと思います。
しかし、それにも関わらず、
男性の方はその中でくつろいだりなさる方が
ほとんどいらっしゃらなかったのです。

想像の域を出ませんが、
私たちが考える男性の書斎はおしゃれすぎるのか、
それとも、ショップ自体が女性好みで合わないのか?
結局、その「居場所」はなくなってしまいました。





男性の方にもっとインテリアに興味を持っていただきたい、
素敵な部屋で眠ることの幸せ感を味わってもらいたいと思うのですが、
やはりインテリアとは女性のものなのでしょうか?
少なくとも日本においては...





ということで、ご主人さまにシルクのパジャマなんて贈れば、
インテリアに目覚める導入になるのではないかしら?と
思っているところです。





上のイラストから、ウェブショップのパジャマのページへ。


写真、文章の無断転用はご遠慮くださいますようにお願い申し上げます。


* PAGE TOP *


No.0366


2017年3月4日(土)

こと

「坂道の途中の新築アパルトマンいかがですか?」


マダム・ワトソンから駆け足で1分ほどのバス停の前に
新しいアパルトマンが建ちました。
坂道の途中にあるため、なんだかかいい雰囲気です。




3階建てのアイボリーのおしゃれな外観。
窓にはセキュリティのシールが全部貼られておりまして、
セキュリティは万全のようです。
自転車置き場は屋根付きです。





駐車場ももちろん平置きで、完備。
仕切りの間には芝生まで植えられて、
細やかな演出です。
さらに縦列駐車で2台借りることもできます。





しかしながら、
このアパートメントのいちばんのポイントは、
タテに細長く切られたコーナー窓の存在です。
ここにどんな窓装飾をいたしましょう。
考えただけでもう、わくわくいたします。





無料にてわたくしがお部屋のコーディネートを
させていただきたいところですが、
この物件とは何ら関係もございません。
その前にまだどなたも入られておられないとのこと。
きっとお家賃がお高いのでしょうか?

お弁当屋さんの横なので、「セカンドハウスに便利よね~」
と毎日のようにこのアパルトマンを眺めております。

「勝手に賃貸アパルトマンの宣伝」でございました。


写真、文章の無断転用はご遠慮くださいますようにお願い申し上げます。


* PAGE TOP *


No.0365

2017年3月3日(金)

こと

「見上げる楽しみ」


シャンデリアの楽しみは
なんといっても
見上げて「あ~、きれい」というそんな楽しみだと思うのです。
そして見上げる一番の”スポット”はベッドルームです。




ベッドに横になって見上げる時、
その姿かたちにほれぼれするおすすめなシャンデリアがこれです。
エレガントなのベッドルームの仕上げです。




普通の2m40cmほどの天井高でもお部屋の広さが5、6畳でも
美しく納まり、高級感があり、
下から見上げて美しいスタイルのシャンデリアは
なかなかないものなのです。





本体のガラスはチェコのボヘミアンカットガラス
オーナメントはスワロフスキースペクトラ
白い陶器のキャンドル柄にさらに、ガラスのほやで覆われています。





ゴールドのステイはねじったガラスでひとつひとつ
きれいに覆われています。
ゴールドのきらきら感を抑えるこの上品さが私はとても好きです。
すばらしい職人技ですね。






天井にコンセントの穴のような引っ掛けシーリングがつけられる
ローゼットがついていることをご確認の上、
簡易取り付け型の金具にあらかじめ変更しておきますと、
(+¥4,000(税別))



カチリとねじってはめ込めばつけられます。
あとはゴールドのカバーで隠して完成です。



*ローゼットがついていない場合、下地がない場所は、別途工事が必要です。

直径50cm
高さは50~140cmまで調節できます。
重さ5.5kg
40WX6=240Wなので、6畳のベッドルームであれば、
サイドテーブルにスタンドをプラスして、十分な明るさです。

¥267,840(税込)\237,600(税込)

送料無料


ご自宅まで箱入りでお届けいたします。

簡易取り付け型への変更は、別途 ¥4,320(税込)で承ります。





ベッドルームもリビングも
エレガントにきめる最後の決め手がやはりシャンデリアなのです。

どうかお忘れなく!


お問い合わせなどは、こちらかからもどうぞ。
ontact us

簡単にコメントをお願い致します。
ウェブショップでも承ります






もちろん、お電話(092-542-0788)、メール(mmm@madame-watson.com)でも。

写真、文章の無断転用はご遠慮くださいますようにお願い申し上げます。




* PAGE TOP *


No.0364

2017年3月2日(木)

こと

「角を曲がる楽しみ」

私事で恐縮ですが、
2LDKの自宅は家事室と寝室が2つしかありません。





家事室のクロスを最近張り替え、シェードも替えました。
かなり大胆な柄です。(いつかお見せいたします。)
すると家事室がパリの街角に変わり、そこでお茶を飲んだり
勉強したり、食事をしたりもするようになりました。
もちろんアイロンも掛けますが。





さらに、見渡せば
2LDKのすべての部屋は柄もののクロスになりました。
それをいろんな角度から眺めてみると
いろんなストーリーが思い浮かぶのです。





パリの街角の家事室から出ると、
大胆なバラの花園のような廊下に出ます。
そして
黒とシルバーのロンドンのモダンアートのようなホテルをイメージした
部屋に入り、





さらに、視線を変えると、
まるで、19世紀のパリのタイムスリップしたように思える
クラッシックな寝室が見えます。





また角を曲がると、アジアンリゾートのような風景の
壁とベッドルームが現れます。
まるで、世界中のリゾートをくるくる回っているような感じがするのです。





確かに10数年前までは海外のすてきなホテルを目指して
頑張って行っていましたが、
今は、いちばん近い自分リゾートが一番愛おしいです。
2LDKであっても、パリやロンドンや、アジアンリゾートに
いるような気分でいられるからだと思います。





私たちはそんなお部屋をたくさん作らせていただきました。
だから、そのお部屋でお過ごしのお客様はこの私の気持ちと
同じだろうと思います。
そう想像すると、さらにうれしくなるのです。


ちなみに上から6つの写真はデザイナーズギルドというイギリスのブランドの
1枚のカタログなのです。



写真、文章の無断転用はご遠慮くださいますようにお願い申し上げます。

お問い合わせなどは、こちらかからもどうぞ。

ontact us



* PAGE TOP *



No.0363

2017年3月1日(水)

ほん

「『ニーチェの言葉』を読む場所」


「親愛なるニーチェ大先生。

先生の素晴らしいご著書を本屋さんの棚で見つけた時、
大変不謹慎なことに
内容も見ずに買ってしまいました。





しかし、それは、
「165万部突破!」という帯の少々下品な言葉に
つられたわけではないことを
ここで申し上げておきます。
それは、
あまりにインテリア的なごほんでございましたからで...





帯を外すと、
まるで聖書のごとき、シンプルなコーヒー色に
金文字で"DIE WELTLICHE WEISHEIT VON NIETZSCHE"
と書かれたの装丁に一目ぼれしたからです。
ちなみに
ドイツ語は全く読めません。





このほんをどこで読もうかと考えました。
マジョルカ島のような真っ青な海を見ながら、
あるいは、花咲き乱れるイタリアのリゾートで?





それとも、静かな都会の高層ホテルで夜景を見ながらとか...。

そしてページをめくって思いました。





今、すぐに自分のベッドで読もうと。





"オードリーのブランケット"という名の
ミルクチョコレート色のベッドリネンにくるまりながら。

それが一番の、ニーチェ先生のお言葉が身に染みる場所だと
わかったのです。

ニーチェの言葉」
エッセンシャル版
フリードリヒ・ニーチェ著 白取春彦訳


写真、文章の無断転用はご遠慮くださいますようにお願い申し上げます。

お問い合わせなどは、こちらかからもどうぞ。

ontact us



* PAGE TOP *