MadameWatson
マダム・ワトソン My Style Bed room Wear Interior Others News
ウェブショップはこちらからどうぞ!
美しいテーブルウェア | 上質なベッドリネン&羽毛ふとん | インテリア、施工例 | スタイリッシュバス  | Y's for living


リサコラム



2019年1月1日~31日

私自身の好きなもの、こと、ほんを
マダム・ワトソンをとおして、つれづれに語りたいと思います。木村リサコ

予告は変更の場合もございます。

写真、文章の無断転用はご遠慮くださいますようにお願い申し上げます。

下のロゴからウェブショップに飛びます。「もの、こと、ほん」からこのページで
紹介したアイテムをご覧いただけます。



本家、「リサコラム」は土曜日の連載でございます。




上のイラストからも最新号をご覧いただけます。


予告                

No.1049
2019年 1月17日(木)


こと

「ベッドリネンの
セットUP」


               

No.1045
2019年 1月13日(日)

No.1046
2019年 1月14日(月)
No.1047
2019年 1月15日(火)
No.1048
2019年 1月16日(水)

こと

「大判タオルパーソン」

こと

「Made In 日本
ということ」
こと

「リボンの不思議」
こと

「ジレ・ジョン」

             

No.1041
2019年 1月9日(水)

No.1042
2019年 1月10日(木)
No.1043
2019年 1月11日(金)
No.1044
2019年 1月12日(土)

こと

「裾にもご注目」

こと

「パジャマSALE」

もの

「風邪をひかないための
大きなおふとん」


もの

「きついけど、
楽しい筋肉体操」


             

No.1037
2019年 1月5日(土)

No.1038
2019年 1月6日(日)
No.1039
2019年 1月7日(月)
No.1040
2019年 1月8日(火)

こと

「先行投資」


こと

「輪郭」

もの

「シンプルな型」

こと

「いろいろな型」

                

No.1033
2019年 元日(火)

No.1034
2019年 1月2日(水)
No.1035
2019年 1月3日(木)
No.1036
2019年 1月4日(金)

こと

「2019年
元日の
ご挨拶申し上げます」

こと

「もっと私ホテルに」
こと

「365日のイメージを
変える」
ほん

「あの探偵は生きている」
賢者の勉強法


リサコラム「もの、こと、ほん」バックナンバー集

2018年11月No.972~2018年12月No.1032

11月                   12月
 


2018年7月No.849~2018年10月No.971

7月             8月             9月           10月
      

2018年3月No.727~2018年6月No.848

    3月            4月            5月             6月
  

2017年11月No.667~2018年2月 No.726

2月           2018年 1月      2017年 12月         11月
 

2017年10月 No.606~2017年7月 No.485

    

2017年6月~2017年3月 No.484~363
  

   

2017年2月~2016年11月 No.362~244

   

2016年10月~2016年7月 No.243~123

    

2016年6月~2016年3月 NO.122~001

    




No1048

2019年1月16日(水)

こと

「ジレ・ジョン」


フランスでは2018年末からこの「ジレ・ジョン」が常に
トップニュースですね。

蛍光色の黄色いベストを着て
ガソリン税やその他高額な税金に対して抗議を表し、
さらに
マクロン大統領の辞任を求める人々の総称ですが、
すでに一部は暴徒化して、
革命前夜のような様相も呈しています。

ラジオを聞いていると
フランス革命やマリー・アントワネットがギロチンに掛けられたこと、
そしてナポレオン一世が話題に上っているようで、
1789年のバスティーユ襲撃のことを
フランス国民は思い浮かべているのでしょうか。





しかし、
マクロン大統領のツイッターのコメントや
宣言文の中でも
たびたび繰り返されているように、
フランスは実に国民主権の民主主義の国だと感じます。
こんな莫大な損害を与えている抗議活動も許されているのからです。

この世界には
抗議活動どころか、
自分の意見を大っぴらに言うことができない人々が
たくさんいます。

自分を押し殺して生きざるを得ない人たちからは
何と贅沢な不幸せなのだろうと
うらやましく思うでしょう。

それなら、
デザインの国フランスらしい
もっと素敵なジレ・ジョンで
もっとセンスある抗議活動ができないものかなと思います。

せっかく世界へ向けて発信するチャンスなのに、
今のジレ・ジョンの服も活動の仕方もダサイです。

もっとセンスと良識あるところを見せて欲しいと思います。



お問い合わせなどはこちらからどうぞ。
contact us

* PAGE TOP *



No1047

2019年1月15日(火)

こと

「リボンの不思議」


私たちはリボンとは切っても切れない縁を
持っています。

リボンを結ぶのは
ごく日常の動作のためかもしれません。
パソコンのキー操作のような
ありふれた軽い動作という感じでしょうか。

しかし、このリボン、
元をたどれば、単なる1本のひもです。
リボン結びという結び方をしただけなのに、
このマークは
かわいい、キュートなデザインに変身を遂げます。

なんとも摩訶不思議です。






さらに、ピンクリボン運動という
乳がん撲滅キャンペーンのマークでもあります。
ワコールの社員さんはみんなこのバッジをしておいでです。

リボンの美しさ、
かわいさはきっと
そのはかなさにあるのではないでしょうか。

正しく結べばハラリとほどけて
また元の一本の紐に戻ります。

そんなはかなさは、
まるで人生のようでもあります。

私はリボンというデザインは
結ぶ、ほどく、縁という
シンボルのひとつだろうと思っています。
結びようで見え方も表情も全然変わるからです。

だから、
決してかわいい象徴ではないと思うのです。


お問い合わせなどはこちらからどうぞ。
contact us

* PAGE TOP *



No1046

2019年1月14日(月)

こと

「Made In 日本ということ」


先日、Eテレの『旅するスペイン語』
(毎週水曜 深夜0時25分~)で、
面白い方を知りました。

それは、観光ガイドのボランティア団体に所属する
スペイン語の日本人ガイド、渡邊昭夫さんです。

スペインからの観光客の方々を
寺社仏閣に案内し、
いわれや作法などを解説されるのですが、
その物腰は、
とてもMade in 日本。
なのに、
その流暢なスペイン語は、まるでスペイン人!




驚くのは、
なんと、84才!
スペイン語を始めたのは、定年退職後とのこと。
6年間で約300件のガイドをされたそうです。
まさに、日本製スペイン人です。

渡邊さん曰く、
日本の「心」を伝えないと「日本」を正しく伝えられないと。

そこで、私は自分のことを振り返り、
重大な事実に気づきました。

それは、

いろんな外国語を学んではいるけれど、
日本の心をその外国語でとても伝えられないということです。
さらに、
自分自身はMade in 日本なのに、
「日本の心」を知らないということです。

観光ガイドとは、
海外に留学せずとも、日本で外国語を学びながら、
自分の国のことを知り、
自分の外国語に磨きをかけることのできる
すぐれた方法ですね。

とてもうらやましくなりました。
こんな仕事もぜひ、やってみたい!

渡邊さんの最後のコメントは、
「死んでからも続けたい」でした。


最高です。



お問い合わせなどはこちらからどうぞ。
contact us

* PAGE TOP *




No1045

2019年1月13日(日)

こと

「大判タオルパーソン」


元日と言えば駅伝。
冬になると長距離走、
マラソン大会が盛んに行われますが、

ランナーがゴールした時、
なぜ、大判タオルで包むのだろう?と
思っていました。
大量の汗を拭くため?

しかし、
災害が起きた時、被災者には、
冬なら大判タオルくらいの毛布を
夏なら、大判タオルがかぶせられます。

それは、
汗を拭くためだけではないと思います。



ゴールしたランナーが、大判タオルに包まれた瞬間、
緊張の糸が切れたようにぐったりと
その中に倒れ込み、
被災者は助かったという安堵感に包まれます。

大判タオルには
人を無防備にして、
包み込むという、そんな癒しの効果があります。

しかし、自宅で使うには大判タオルは
洗濯が大変と言われることがあります。
洗剤や水がたくさん必要という意味だと思います。
たしかに、
体を拭くためだけなら、
フェイスタオルでも拭けます。

しかし、
一日頑張った自分をお風呂上りに
ふかふかの大判タオルに包み込まれて
日々癒されていたら、
溜まった疲れやストレスを
癒しにたびたびどこかへ出かける費用も掛かりません。

安上がりで、手軽です。

私は
大判タオル派という意味で、
毎日の大判タオルパーソンです。

ついでながら、
チーズパーソン、コーヒーパーソンでもあります。

なので、
体用フェイスタオルは持っていないのです。






お問い合わせなどはこちらからどうぞ。
contact us

* PAGE TOP *



No1044

2019年1月12日(土)

こと

「きついけど楽しい筋肉体操」

「みんなの筋肉体操」
という番組があります。
YouTubeでも見ることができます。

ご存知でない方のために簡単に述べますと、

体育の専門職ではない、

普通の職業のイケメン 逆三角形男子3人が
お立ち台のような丸い台の上で手本を示しながら、
視聴者と共に行う筋トレの番組です。

講師の先生はやりません。
先生は簡単な解説と回数のカウントをし、カツ!を入れます。

こんなの今までなかったという
意外性のためか、
私はSNSパーソンではないのですが、
ほんとうに流行っているようですね。
この筋肉体操の話を
お客様からも何度か伺いました。




そして私も
午後11時からのテレビ番組を見ながら、
頑張ってやるようになりました。
真剣にやると、翌日、必ずコリます。

しかし、この筋肉体操の合言葉が
「筋肉は裏切らない」なのです。

最初に聞いた時、
「えっ?インテリアは裏切らない」じゃないの?
私はコラムでその言葉を何度か取り上げて書いたことがあり、
もしかして、NHKの方は盗んだの?と疑ったりもしました。

しかしながら、
この、「筋肉は裏切らない」

なんともストロングなパンチ力があります。


そして、講師の先生はカウントしながら
筋肉を追い込むときに、
「きついけど、辛くない、きついけど楽しい」
と言います。
いい言葉ですね。

筋力をつけるためには追い込むことが大事、
そして、
体力的に追い込むことは
精神修養に直結する。
ということだと実感したのです。

私が好きなロビン・シャーマ始め、
最近のメンターと呼ばれる人はみな、
食事療法、運動を重要視する
「筋力哲学者」である理由がよくわかりました。

職場のみんなでやれば、
筋力とともに、
集中力、持久力、さらには瞬発力というおまけも
つくはずです。


ついでに、1月12日午後10時から

BSで「筋肉女子」という筋肉ウーマンの
「ビキニ」という名のコンテストを追ったドキュメンタリー番組が
あるようです。
筋肉美の競演です。私は録画で見ます。



お問い合わせなどはこちらからどうぞ。
contact us

* PAGE TOP *



No1043

2019年1月11日(金)

こと

「風邪をひかないための大きなおふとん」


実は、1月、2月の寒い季節に
大きな羽毛ふとんと
スノーホワイトのコンフォーターケースで寝ています。

巾260cmX長さ220cmです。

横巾が大変広いので、
ダブルベッドなら、床より5cmから10cm上がるくらいの
ベッドを包み込むような大きなサイズです。

そのため、
このサイズは主にダブル、クイーン、キングサイズのベッドに向きます。
セミダブルでもぎりぎりOKです。
しかし、シングル以外は ベッドのサイズに関係なく使えるため、
この巾260cmの羽毛ふとんは
”ラグジュアリーホテル”と呼んでいます。

オリジナルです。

私は冬になると風邪をひくことが多く、予防のために
こんな大きな羽毛ふとんで寝ているのです。




もちろん、
羽毛ふとんもベッドリネンも
バイオーダーでラインナップしています。

ハンガリー産エレガンツェで、172,800円(税込)、
その上のポーランド産95%のグレイシャスで、270,000円(税込)
私はグレイシャスかその上のエクスクルーシブをおすすめしています。

コンフォーターケースはラグジュアリークイーンというサイズで
30,240円(税込)です。
エジプトギザの柔らかな生地で、ホテルセンチメンタルの
ベッドリネンにとてもなじみがよいのです。


このサイズを
最初にご注文いただいたのは、
学校にお勤めだった男性のお客様でした。
コンフォーターケースのお色もまさにホテルのように
スノーホワイトをご希望でした。


きっとその方も、
まゆのようにふかふかに包み込まれながら、
「なんとパラダイスであることか!」
などと、毎晩、自分のベッドに
感服しながら、
ベッドでうとうと、ぐっすり眠っておいででしょう。

まさに、ラグジュアリーホテルで眠る感覚は
冬から春にかけて
私の最高の自宅ホテルになります。

この幸せな時間があるから、
苦手な冬を乗り切れると言っていいほどです。


お問い合わせなどはこちらからどうぞ。
contact us

* PAGE TOP *




No1042

2019年1月10日(木)

こと

「パジャマSALE」


店頭で終了してしまいますため、
ウェブショップショップではご紹介しきれない
もの、ことが
いつくもあります。

その中でも残念なのが、
ホテル・センチメンタルのテイラーパジャマ以外の
パジャマのSALEです。





イラストに描いてみました。
パジャマのイラストは楽しいですね。
いつまでも、いくつでも描きたくなります。
このほかにも、ハウスウエア、アウターなど
たくさんバリエーションがございますが
やはりご来店いただいてのお楽しみです。


お近くでございましたら
ぜひ、お早めにお越しくださいますように。


お問い合わせなどはこちらからどうぞ。
contact us

* PAGE TOP *



No1041

2019年1月9日(水)

もの

「裾にもご注目」


男性のズボンの裾は長さと折りかたの2つくらいの
選択のポイントしかないのに比べ、
女性の裾は比較にならないほど
バリエーションに富んでいます。

私の持っているスカートの中には
裾が三角のギザギザにカットされたものがあります。

裾の糸の色を変えて、
ベビーロックという細かな巻方の始末をしたもの、
裾をほころばせて、敢えて糸を出したもの、
柄に沿ってアウトラインカットがされたもの
などなど、
裾の表情はデザインの大きな一旦を担っていると思います。






そして私たちもそれらのデザインを
カーテンの裾やバランスカーテンの仕様、
ベッドスカートなどに応用してきました。

もともと、裾がスカラップされているカーテンでなければ、
一般的に、レースカーテンには
ウエイトという重りを入れる始末の仕方をすることが多いのですが、
しかし、素材により、見せ方、役割により、
レースカーテンでも、
ちいさく三巻した方が適切なもの、
ドレープカーテンのように、
大きく3つ巻した方が合う場合もあり、
カーテンの裾の始末にはかなり慎重になります。

カーテンの裾、服の裾など、
普段はあまり気に留めない「裾」にも
注目すれば、
作り手のこだわりや迷いやいろんなものを
想像することができます。



お問い合わせなどはこちらからどうぞ。
contact us

* PAGE TOP *



No1040

2019年1月8日(火)


もの

「いろいろな型」


紳士服の背広、スーツと違って
無数にある型、
それが何と言っても、女性の服。




店内にある女性の服や部屋着はおそらく1000着ほどあると
思いますが、色違いを除いても、
軽く200型はあることになります。

紳士服の背広も、
もちろん微妙な型の違いがあると思います。
しかし、
女性の服の型の比ではありません。

女性のファッションは盗まれた後に、
オリジナリティが加えられ、
細胞分裂を続け、進化し続けているのですから、
AIのディープラーニングの比ではないと思います。

うれしいことです。

私もインテリアのデザインは主にファッションから盗んでいます。
しかし、盗んでも気にすることはありません。
それも誰かが盗んだもので、
また、すぐに誰かに盗まれるものですから。



お問い合わせなどはこちらからどうぞ。
contact us

* PAGE TOP *




No1039

2019年1月7日(月)


もの

「シンプルな型」


150年前の写真を見ても
やっぱり同じ型なのかと
思うものがあります。

それは男性の背広、ステッキ、傘、
きっと靴、バッグ、ハンカチ、ハンガーなど、
身につけるものの型は大きくは変わっていないのではないでしょうか?

人間の型が変わらないから
変わりようがないものもあることに、
ほっとするこの頃です。





シンプルな型は見ていて気持ちいいですね。
折り目のついたプリーツスカート、制服、
プレーンな黒いパンプス、
飾り気のないビジネスバッグ、
正方形のハンカチ、
(長方形だと畳みにくいのでしょう)

時代のざるの目からすり抜けることなく残った型なのでしょうから、
きっと普遍的な型なのだと思います。

そしてバッグの中に入れている方も多いと思いますが、
災害用にぴったりの食糧、カロリーメイト。
手探りでもその型でわかります。

性格もしばしば、血液型で
判別?することもありますが、
実は
九大病院の婦長さんであるお客様が、
血液型と性格は関連性があると思うよと
言われて以来、やはりそうかもと思うようになりました。

しかし、
A、B、O、AB以外に
S型、つまり「シンプル型」というものが
あれば、わたしはそちらがいいです。

「複雑でいいね~」よりは
「シンプルでいいね~!」の方が
断然言われてみたいですから。



お問い合わせなどはこちらからどうぞ。
contact us

* PAGE TOP *



No1038

2019年1月6日(日)


こと

「輪郭」


あまりに好きなので
度々話題にしてしまいますが、

「2355」というEテレの番組があります。
2355は23時55分から24時までの
5分間の番組です。

午後11時55分という意味の
2355自体は、
番組のタイトルというだけで、
さして意味深いわけではないと思いますが、
しかし、この文字列に対して、
あらゆる角度、あらゆる方法で
2355に人格ならぬ、数格を与えようとする
熱意には凄まじいものがあります。






しかし、ここに大いなるヒントを見出すことができるのです。

それが「輪郭」を与える方法です。

無意味な羅列さえ、輪郭を与えることで、
深く印象付け、
神々しいほどの意味があるかのごとく、
見せる効果が大ということです。


どんな、もの、こと、ほん、ひとであっても、
そうそう簡単に
浮き彫りすることなど不可能だと思います。

しかしできることは
輪郭を与えることだと思います。

木村里紗子は、
どんな人間なのかということは、
おそらく、「リサコラム」、
そしてこの「リサコラム もの、こと、ほん」で
なんとなく輪郭はわかっていただけるかなと
思っております。

「輪郭」で十分だと思います。


イラストはipadで横ボーダーを描いて
周りを消し込んだものです。
左から、ネクタイ、シャツ、バッグ、帽子、ミトンの
輪郭のつもりです。


お問い合わせなどはこちらからどうぞ。
contact us


* PAGE TOP *



No1037

2019年1月5日(土)

こと

「先行投資」


タマホームさんを知らない方はいらっしゃらないと
思いますが、福岡のご出身だということは
ご存じでしょうか?

タマホームさんの地元の新幹線の駅横には
ソフトバンクの2軍の立派なスタジアムができています。

タマホームさんが20年足らずで
ここまで大きくなられた理由は様々あることでしょう。
もちろん、ラッキーなことも重なったことでしょう。
しかし、一つだけ、私たちが実感したのは、
ある「こと」でした。






それは、
玉木さんの息子さん(現在の社長さん)がご結婚される際、
お二人でご一緒に寝具やベッドリネンを
お選びに
マダム・ワトソンに来られた時のことでした。

何でも「より良い方を選んでいた方がいいよ」という意味を、
息子さんは、「先行投資」
という言葉で表現されたのです。

なるほど、
寝室を整えるためによりよい寝具を選ぶことは
先行投資という考え方もあるのかと
その時思いました。
すでに10年ほど前のことです。

タマホームさんの急成長を支えていたのは、
この「先行投資」という発想が
あったのだろうと思います。


将来何かの役に立つはずだと考えて、
新たな勉強を始めること、

違う結果を期待して、今までとは違うやり方で、
新たな行動を起こすこと、

シンプルに言えば、
こういうことですね。

「先行投資」


新たな年の、新たなモチベーションになりそうです。


お問い合わせなどはこちらからどうぞ。
contact us


* PAGE TOP *



No1036

2019年1月4日(金)

ほん

「あの探偵は生きている」
『賢者の勉強法』


知りえない真実を事実から推測して仮説を立て、
消去法でありえないことをつぶしてゆき
真実を探し当てる。

この演繹(えんえき)法という考え方のエキスパートと言えば、
シャーロック・ホームズ

しかしながら、

「AI 時代に必要な人材とは、AIが苦手なことを柔軟にこなせる人間、
まさにシャーロック・ホームズがこれに当てはまります」

と言われても、



19世紀の、しかも架空の探偵の
思考方法が21世紀、AIの時代に
役に立つわけないでしょ?と反論したくもなります。

しかし、こう言い切る人は、
東京大学工学部卒、九州大学で理学博士号を取得、
マサチューセッツ工科大学人工知能研究所客員研究員で
さらに、リコー、ジャストシステムを経て、
『人工知能が変える仕事の未来』他、著書多数の
AI研究歴30年の、
メディアデータ代表取締役社長の
野村直之さんの言葉だと言えば
説得力はあるでしょう。


お正月の2日、
森秀鳳先生の書初めライブを見に行った帰り、
マダム・ワトソンからの迎車を待つ間に
駅前のコンビニでこんな面白いほんをみつけました。

様々な勉強法が書かれたこのほんは
経済誌プレジデントの別冊ムックです。


『賢者の勉強法』
プレジデント社
たったの840円+税で得られます。
裏表紙にはこんな刺激的な言葉が、

「賢者は学びたがり、愚者は教えたがる。」



お問い合わせなどはこちらからどうぞ。
contact us


* PAGE TOP *



No1035

2019年1月3日(木)

こと

「365日のイメージを変える」


日本において、
インテリアショップという言葉は、
インターネットと同じくらいの
短い歴史だと思います。

そのため、
決まったカタチに収まらないのが
インテリアショップではないかと思います。

マダム・ワトソンもちょっと異色のようです。

昨年10月末にルリエーブルという
フランスのファブリックメーカーの営業の方が
いらしたときに、
ちょっとびっくりされていました。





それは、
ショールーム&加工工場とショップがあることらしいです。

そのため、
お客様は、
カーテンやさん、ベッドやさん、
パジャマやさん、おふとんやさん、
ギフトショップ、セレクトショップと
つまりは、
ご自身のご興味のある部分でマダム・ワトソンを
とらえられておられるようです。

私たちはどうかと言いますと、
『日常生活』そのものだととらえています。

いざ、店内で撮影、セッティングとなれば、
道具は周りに全部あり、
わけもなく場面づくりができますし、

新築のお客様は
クロスから、カーテン
照明器具、家具、ベッド、おふとん、ベッドリネン、
ベッドリネンと同じパジャマに
バス用品、トイレ用品、テーブルウエア、
タオル&バスグッズ、
そして仕上げのフレグランスまで
一度に揃えるられることがよくあるからです。

コンビニは365日のものを扱っていますから、
マダム・ワトソンは、
インテリアのコンビニともいうべき存在でしょうか。

その365日の日常を
ホテルで過ごしているかのような
快適で美しい365日に「変えたい」
というのが、
マダム・ワトソンという、
「こと」だと思います。



お問い合わせなどはこちらからどうぞ。
contact us


* PAGE TOP *



No1034

2019年1月2日(水)

こと

「もっと私ホテルに」

昨年の12月30日に、
と言ってもまだ3日前なのですが、

「私ホテル」を作りに北九州市のI様のお宅にカーテンの
セッティングに参りました。

私はface time(テレビ電話)で参加しました。

「見違えるようになって」とI様は
とてもうれしそうにおっしゃっておられました。





クラシックなムードの
パリかロンドンかの5つ星ホテルのように
素敵になりました。
しかもカーテン2窓だけで!

その様子はまた『リサコラムの部屋』でいつか
ご紹介いたしますが、
カーテンと天蓋カーテンで
まるで別の空間のように変わる様は
いつものことながら、毎回、感動します。

何度お部屋を作っても
いつまでもほれぼれと
写真を見てしまうのです。

ああ、早くご紹介したいです!


お問い合わせなどはこちらからどうぞ。
contact us


* PAGE TOP *



No1033

2019年 元日(火)

こと

「2019年
元日のご挨拶申し上げます」


博多という言葉は耳にされたことは
おありだと思います。
博多駅の博多です。

しかし、駅のある、
博多区に住んでいても、「博多に住んでいます」とは、
福岡の人は言わないのが面白いところです。


2019年1月号で、
「月間はかた」という歴史のある福岡の雑誌の
第189代「博多の女(ひと)」になりました。

その誌面のスポンサーさんが、
二鶴堂さんで、その代表的な手土産の銘菓に
「博多の女」というお菓子があります。

直径3cmX高さ3cmくらいの小さなバームクーヘンの中に
クリームが入ったシンプルで、
食べやすく品のいいお菓子で、個包装されているので、
お茶菓子にとても便利なお菓子だと思います。




そのお菓子の箱の表面には博多人形が
描かれています。
博多人形は主に 寿ぐ場に贈られる人形のようで、
常連のお客様に博多人形師の方さえ、おいででなのすが、
普段は博多人形も、博多ということさえ意識をしたことが
ありません。

しかし、
今月の博多の女(ひと)になったからには
博多人形のごとく、楚々として、強い女性に
なるべく、チャンスを与えられたと
思っています。

今朝から素晴らしい一日のスタートは
切りましたが、
生まれたばかりの新しい年、2019年を
マダム・ワトソンと一緒に
わくわく幸せで穏やかで、
そして、Newな輝かしい一年にいたしましょう。





お問い合わせなどはこちらからどうぞ。
contact us


* PAGE TOP *