MadameWatson
マダム・ワトソン My Style Bed room Wear Interior Others News
ウェブショップはこちらからどうぞ!
美しいテーブルウェア | 上質なベッドリネン&羽毛ふとん | インテリア、施工例 | スタイリッシュバス  | Y's for living


リサコラム



令和4年 2022年8月1日~31日


私自身の好きなもの、こと、ほんを
マダム・ワトソンをとおして、日々、つれづれに語りたいと思います。
令和ものんびり、しつこくつづけてまいります。
木村リサコ
予告は変更の場合もございます。

写真、文章の無断転用はご遠慮くださいますようにお願い申し上げます。

下のロゴからウェブショップに飛びます。「もの、こと、ほん」からこのページで
紹介したアイテムをご覧いただけます。


本家、「リサコラム」

最新号

2022年8月10日号です。



木村リサコのイラストストーリーです。

『花を持って歩く7人』

第4話







*Shop店休日*8月

毎週月曜日

8月15日(月)は営業でございます。

1(月)8(月)16(火)22(月)29(月)

通常:毎週月曜日(祝日の場合翌火曜日)


OPEN:午前10時~19時

phone 
092-542-0788



ものことほんだけでなく、
こちらもぜひ、ご覧くださいますように(笑)!



6月23日号更新しています!!


最新号




No.2293
2022年8月13日(土)


こと

「さよなら、ニコラ、
さよなら、サンペ」








No.2290
2022年8月9日(火)

No.2291
2022年8月10日(水)
No.2292
2022年8月11日(木)
No.2292
2022年8月12日(金)

ほん

「新潮文庫の100冊」


こと

「オフィス改革」

ほん

「5と3/4時間の授業」
こと

「残暑おやすみ
申し上げます」






No.2286
2022年8月5日(金)

No.2287
2022年8月6日(土)
No.2288
2022年8月7日(日)
No.2289
2022年8月8日(月)

こと

「花火大会」



こと

「広島平和祈念式典
広島県知事のスピーチ」


こと

「雨が降りません」
こと

「夏に元気な花」




最新号

No.2282
2022年8月1日(月)

No.2283
2022年8月2日(火)
No.2284
2022年8月3日(水)
No.2285
2022年8月4日(木)

ほん

「日本でもできる!
英国の間取り」


こと

「吊るして収納」
ほん

「英国建築の
解剖図鑑」
ほん

「SEVEN SEAS」


リサコラム「もの、こと、ほん」バックナンバー集



2022年7月No.2259~No.2281

7月





2022年3月No.2037~6月No.2258

3月             4月            5月          6月

     



2021年11月No.2018~2022年2月No.2136

11月           12月             1月              2月

   


2021年7月No.1895~10月No.2017

7月              8月           9月            10月

   

 
2021年3月No.1775~2021年6月No.1894

3月            4月            5月              6月

    


2020年11月No.1655~2021年No.1774

11月             12月            1月              2月


    


2020年7月No.1531~10月No.1654

7月              8月             9月         10月

        


2020年3月No.1409~2020年6月No.1530

3月            4月             5月           6月

  
 

2019年11月No.1337~2020年2月No.1408

11月          12月           1月                2月

    


2018年7月No.1214~2019年10月No.1336


7月              8月             9月            10月

      


2018年3月No.1092~2018年6月No.1213

 3月            4月            5月                    6月

      
                                                                                         


2018年11月No.972~2019年2月No.1091

11月           12月         2019年 1月           2月
    


2018年7月No.849~2018年10月No.971

7月             8月             9月           10月
      

2018年3月No.727~2018年6月No.848

    3月            4月            5月             6月
  

2017年11月No.667~2018年2月 No.726

2月           2018年 1月      2017年 12月         11月
 

2017年10月 No.606~2017年7月 No.485

    

2017年6月~2017年3月 No.484~363  

   

2017年2月~2016年11月 No.362~244

   

2016年10月~2016年7月 No.243~123

    

2016年6月~2016年3月 NO.122~001

    





No.2293

2022年8月13日

こと

「さよなら、ニコラ、さよなら、サンペ」


一つ、悲しい出来事がおきました。

敬愛するアーティスト、ジャン・ジャック・サンペが
12日亡くなったのです。





ルネ・ゴシニの文章でサンペのイラストによる
プチ・ニコラシリーズは2019年で
世界40か国で累計1億5000万冊も販売されたそうです。

私も子供の頃からの愛読書のひとりです。



リサコラム 2007年8月24日号のイラスト


フランスのマクロン大統領は11日、自身のインスタグラムに
サンペの最後の作品を投稿して、
詩的で美しい哀悼の言葉を贈っていました。





サンペはあと6日で90歳の誕生日を迎える日に
リゾートの別荘で妻と友人に看取られて
亡くなったとのことですが、幸せな旅立ちだったと思います。

サンペの最後の作品となったイラストに添えられた言葉が
「僕を忘れないでね」でした。

もちろん、私もずっと忘れません。


インスタグラムはこちらから


#マダムワトソン 
 #risacokimura木村里紗子 






PAGE TO



No.2292

2022年8月12日

こと

「残暑のおやすみ申し上げます」


「言ってもしかたないけど、暑いですね~
それでもやっぱり、暑いからしかたないわよね~」と
おっしゃった方がおいででした。

まさにその通りですね。

家を出る前にシャワーを浴びて、エアコンの下でしばらく涼んでも
会社についたらもう汗だく、





帰宅すれば、全ての部屋の窓を全開にして
風を通してからエアコンをかける。

すぐに、お風呂に入る。
そして、やっとエアコンの下でほっと一息。
ほんとうにお疲れさまでございます。

夏は生きていくのさえ大変なのに、コロナに、戦争に、円安に
物価上昇、さらに新たなウイルスも入ってきたようで、
気が休まる時は一体いつやって来るの?と…





そんなこんなで
いろいろありますが、1日の最後にわずかに残ったエネルギーを
お家をきれいにすることに使ったら、ばたっと倒れるように
白いベッドリネンの上で眠りこける。

それでも白紙には戻らないかもしれませんが
「そうこうして夏を乗り越えていたら
そのうち涼しい秋と幸せ気分の日はやって来る」

と思いながら
また、明日、元気に目覚めたいと思うのです。

今晩も、「残暑、おやすみ申し上げます」



インスタグラムはこちらから


#マダムワトソン 
 #risacokimura木村里紗子 






PAGE TO



No.2291

2022年8月11日

ほん

「5と3/4時間目の授業」


「?」というタイトルですよね。
でも、著者、高橋源一郎だとわかると
おもしろそう!と思ってすぐに買って読み始めました。
とても薄い文庫本です。
143ページしかありません。





まず、私は全く知らなかったのですが、
和歌山県橋本市というところに
1998年創立の
『きのくに国際高等専修学校』という個性的な学校が
あるのです。

そこで2018年6月10日から11日にかけて行われた
高橋源一郎氏の授業の内容が、ドキュメンタリー的に
リアルに表現された内容がこのほんなのです。

ああ、なんとなく、ほんのタイトルの意味が
つかめますよね。

でも、





この学校は
常識を取り払ったところから始まります。

学年なし、チャイムなし、試験、通知簿なし。
校長先生はいても、校長室なし。

先生とは呼ばず、
「さん」付けあるいはニックネームで呼ぶ。
学校と地域社会が融合している。地域の人々が有能な教師になる。

こんな学校で、高橋源一郎の授業を受けたら、
人格も考え方もがらっと変るだろうと予想できますね。

まだ私はこのほんの第1日目の授業を受けたところですが、
目から鱗というより、一皮剥けた感じ?

帰ってから、2日目の授業受けます。

もう、想像しただけでわくわく。


『5と3/4時間目の授業』高橋源一郎著



インスタグラムはこちらから


#マダムワトソン 
 #risacokimura木村里紗子 






PAGE TO


No.2290

2022年8月10日

こと

「オフィス改革」


ショップのリニューアルが一段落しましたので、
次はバックヤード、オフィスのリニューアルに移っています。

これがショップのリニューアルより
よほど大変なのです。


というのも、
まとめてやる時間がないため、
5分、10分の細切れの時間に
使わなくなった備品、道具、ディスプレイ品、古いカタログを処分しながら
整理などを進めています。





そのお手伝いに来てくださるTさんは、元、家具問屋さんの
営業マンで、
分解、分別のプロ。

布、紙、木材、金属が入り混じったカーテンの硬い見本帳も
分解してそれぞれの分別ごみ、リサイクルに分けて
下さいました。

また、300冊ほどあるほんも、ブックオフに出しやすいように
ビジネス書、新書サイズ、文庫本、雑誌などに分けて
ひもでくくって下さいました。






やりながら、「懐かしいほんがありましたよ、
これと同じほんに、直接サインをしてもらったんですよ!」と。

なんと、毎月、5,60冊のほんをリサイクルショップに
出されておいでとのこと。

ということは、1日2冊のペース。
すごい読書量です。

Tさんは汗をかく作業でも楽しみながら
快くやってくださる気さくな方なのです。

ほんとうに、ほんとうに頭が下がります。



インスタグラムはこちらから


#マダムワトソン 
 #risacokimura木村里紗子 






PAGE TO



No.2289

2022年8月9日

ほん

「新潮文庫の100冊」


夏休みになると、
新潮文庫から夏におすすめの100冊が出ます。

もちろん、過去に出版されたほんがほとんどなのですが、
これをずっと楽しみにしてきました。
(主に中高生向けなのですが)





昨日、書店で
今年の新潮文庫の100冊はどうかなと
薄い冊子をめくりながらめぼしをつけました。

今年の夏は、

『博士の愛した数式』小川洋子著、
『人間の建設』小林秀雄と岡潔の対談
二宮敦人著『最後の秘境 東京藝大』の3冊にしました。

数年前にもエントリーしていた
『フェルマーの最終定理』は 持っていたので、
また読み返したくなりました。





中でも、
『博士の愛した数式』は以前ドラマで見ましたが、
小説は読んだことがなかったので、
まずはこのほんから読み始めました。


あとは、忙しい8月にどうやって読む時間を作るか?
大問題はこれです。



インスタグラムはこちらから


#マダムワトソン 
 #risacokimura木村里紗子 






PAGE TO




No.2289

2022年8月8日

こと

「夏に元気な花」


私の小さなバルコニーガーデンの夏の花が
毎日花を咲かせてくれます。

サンパラソル・ジャイアントという名称の
つるを伸ばす植物。
手のひらよりちょっと小さいくらいの大輪の花が
咲きます。





柔らかな白、赤ピンクの花びらはとても華奢なのですが
強風でも熱波でも怯むことなく
スチールの柵に巻き付きながらグングン伸びています。





こちらは鉄砲ユリだと思いますが、
ショップのエントランス脇の
歩道のインターロッキングの間からは枝葉を伸ばし、花を咲かせました。
雨だけの水しか得ていないのにです。

けなげで強靭な夏の花。

私たちも暑さに、コロナに負けてはいられないと思いながら、
朝晩、毎日、インターロッキングに水を撒いています。



インスタグラムはこちらから


#マダムワトソン 
 #risacokimura木村里紗子 






PAGE TO


No.2288

2022年8月7日

こと

「雨が降りません」


集中豪雨で洪水の被害を受けている地域の方
お見舞い申し上げます。

その一方で福岡はほとんど雨が降りません。
梅雨があっという間に終った後は、
雑草も枯れる程の暑いだけの毎日が続いています。






猛暑、 干ばつは地球規模で広がっているようで、
一般住宅にエアコンが普及していないフランスでは
かなり深刻な問題で、フランス2というテレビ局は連日、
これまでに経験したことのない熱波と干ばつを取り上げています。

大雨の地域からちょっと雨を分けてもらいたい気分ですが、
これも
地球温暖化が加速している証拠でしょうか?
とても心配になります。





雨乞い以外に雨を降らせる方法はないものか?
と晴天の空をにらみつけるこの頃です。


インスタグラムはこちらから


#マダムワトソン 
 #risacokimura木村里紗子 






PAGE TO



No.2286

2022年8月6日

こと

「広島平和記念式典 広島県知事のスピーチ」


8月6日の朝、広島平和式典を見てからすぐに
出勤しました。

子供たちによるスピーチも
岸田総理のスピーチも国連の事務総長グテーレス氏のスピーチも
どれも説得力がある素晴らしいスピーチでした。

その中でも、広島県知事の湯崎英彦氏のスピーチには
非常に感銘を受けました。





以下、抜粋ですが、すばらしい、説得力のある
スピーチをどうぞ。

「欧州で行われている侵略戦争、あまつさえ、侵略国は核兵器の使用も辞さないと
あからさまな脅しを世界にかけています。

地球温暖化は200年、パンデミックは2年超かけて、
人類の持続可能性に疑義を突き付けました。
核兵器は誰かがボタンを押せば人類の持続可能性は30分かもしれません。

核兵器廃絶は、人類の持続可能性のために最も喫緊の課題であることを
認識し、最後の核弾頭が解体・破壊され、この地球上から核兵器が
完全になくなるまで休むことなく全力を尽くすことを
改めてここに誓い、平和のメッセージをいたします。」


「あまつさえ」、「持続可能性に疑義」、「喫緊の課題」という
普段使わないような難しい3つのキーワードを交えながらの
わかりやすいスピーチは、メリハリがあり、聴いている人たちの心に
突き刺さったはずです。

また厳しい表情から心の底から出ている言葉であると
印象付けたように感じました。

では、普通の私たちにできることは何か?
いつも他人に小さな思いやりをかけること、常に笑顔でいること、
単純なことですが、世界中がそうであれば、
まだ地球は持続可能だと思います。


インスタグラムはこちらから


#マダムワトソン 
 #risacokimura木村里紗子 






PAGE TO



No.2285

2022年8月5日

こと

「花火大会」


長岡の花火大会を録画してテレビで見ました。

素晴らしすぎて、どきどきしました。

あ~やっぱり、夏はこれがなくちゃいけない、と思いました。

その後、お客様から続々と花火大会のビデオを送って頂いたり、
見せていただいたりして、慌ただしい中でも癒しの時間を
楽しんでいます。





2018年までは大濠公園の花火を
サイズは小さくしか見えませんが、
自宅のルーフバルコニーで、シャンパングラス片手に
鑑賞しつつ、幸せ気分に浸っていました。

2019年の百道の花火大会はすぐ目の前が百道浜のタワーマンションに
お住まいのお客様のお宅から。
インテリアのご相談を兼ねてお昼過ぎには伺って、
花火大会の始まりまでわくわくしながら待っていました。





今は大濠公園も、コロナ以降は百道浜もなくなってしまいました。
花火大会のない夏は気の抜けたサイダーみたいな
感じがします。

コロナ禍が終われば、また復活することを
切に願っています。


インスタグラムはこちらから


#マダムワトソン 
 #risacokimura木村里紗子 






PAGE TO


No.2284

2022年8月4日

ほん

「SEVEN SEAS」


7つの海を巡る、世界を巡るハイエンドな雑誌が
セブンシーズでした。


2009年に一度廃刊になっていますが、
また、2019年に復刊され2020年が最後のようです。

私たちのスタッフルームの書棚に誰もに開かれることなく
2009年までの約7年分くらいが並んでいます。





たくさんの美しい風景、建物、そしてファッション、宝飾など
美しい写真を見ていると時代の変遷を
直に感じられます。

この雑誌、もう価値がないのかな?
取っておく意味があるのかないのかずいぶん迷って
1年、2年、10年と経ちました。





この時代はまだ多くの人がラグジュリーに憧れた時代
だったように思います。
ゴージャスなホテル目指してわざわざNYに、パリにミラノに
飛んで行っていたようです。





ラグジュリーは体験しにゆくものから
ネットで見るもの、そして次は
自宅で味わうものに時代が移り変わっているように感じます。



インスタグラムはこちらから


#マダムワトソン 
 #risacokimura木村里紗子 






PAGE TO


No.2284

2022年8月3日

ほん

「英国建築の解剖図鑑」

何となくいかめしい名前ですが、
原題はRice's Language Of Buildings

つまり、『ライスの建築言語』とでもいうのでしょうか?





著者はマシュウ・ライスさんという方です。

この本はイギリスの建築を中心に、屋根、壁、窓だけでなく、
微に入り細を穿つ名称をイラストで
明らかにしたほんです。





中にはイギリスの建築の歴史が書かれていますが、
きっとこんなに細かく建築の様式の
細部まで知らなくても全然いいと思います。
しかし、この細かさは感動的です。





このほんこそ、実にマニアックなほんだと言えると思います。

パラパラめくるだけでも知的好奇心をくすぐられて
次にイギリスに行くときはこのほんを持参して、
建物を見ながら
あれが、ピナクル(小尖塔)、その下の動物の顔みたいな
装飾がガーゴイルだとか、そんなふうに確認しながら
納得したいと思うのです。



インスタグラムはこちらから


#マダムワトソン 
 #risacokimura木村里紗子 






PAGE TO



No.2283

2022年8月2日

ほん

「吊るして収納」


布ものの収納の仕方は
折りたたむ、丸める、そして「吊るす」だと思います。





私はベッドリネンは自分でアイロンをかけて
ベッドリネンクローゼットにしまっていましたが
最近はパジャマと同じようにクリップ式のハンガーに吊るして
しまう方法もやっています。





せっかくアイロンをかけてしわが伸びたベッドリネンを
またわざわざ折りじわを付けるのも無駄ですから。

今、このやり方をショップでも実践しています。





こちらのクローゼットの中は
展示用のベッドリネン(コンフォーターケース、ピロケース、
フラットシーツ)の収納です。

ハンガーに吊るして収納しています。

ただ、ショップの展示用のベッドのサイズが様々なので、
ベッドリネンのサイズも様々。

そのため、ハンガーの側面にシールで
サイズを書いています。

引き出しの中はクイックシーツです。





吊るす収納はショップを見渡せば他にいろいろあります。
こちらは
カーテン生地サンプルです。





吊るす収納でシワを寄せず、
スマートに美しく、そして取りやすく。
そのためにはハンガーを揃え、
色、素材等を合わせた並べ方に一工夫すると、さらに美しく見えます。

吊るす収納、もっと他に応用できそうですね。



インスタグラムはこちらから


#マダムワトソン 
 #risacokimura木村里紗子 






PAGE TO



No.2282

2022年8月1日

ほん

「日本でもできる! 英国の間取り」


イラスト中心のとても面白いほんです。
著者はイギリスの家にホームステイすることがライフワークの一つで、
紹介を通じて、様々な家にホームステイ、訪問しながら
たくさんの素敵なイギリスの家をスケッチして来られた方です。






私たちがイギリスと言えば、まずは、カーテンなどの
インテリアファブリックです。

イギリスの生地はフランスの生地に比べて安価で
しかし、クオリティは高い。
一般の家庭でもいい生地のカーテンを掛けている印象です。

つまり、インテリアファブリックに関する意識は
日本より確実に高いのだと思います。





そして、その元はと言えば、家からきているのだと思います。
イギリス人の休日の過ごし方と言えば
DIY、家の修繕、庭木の手入れ。





家は古いほど価値が出て、
人々は一度建てた家に数百年も済み続ける、
もちろん、リフォームを繰り返して。
だから
新築がいいとはまるで思っていない感じです。
となると、同じく古い歴史を持つ島国イギリスと日本ですが
家やインテリアに関する意識はずいぶん違うなと感じました。

幽霊が出る家だとさらに高く売れるのですから。


インスタグラムはこちらから


#マダムワトソン 
 #risacokimura木村里紗子 






PAGE TOP